転職サイト50歳|シニア層向け転職サイト口コミランキング

 ご訪問ありがとうございます。当サイトでは、転職を考える50歳以上の方に向けたおすすめ転職サイトの特長比較・ランキングを掲載しています。ぜひ転職活動のご参考にしてください。

 希望者には65歳まで定年年齢が引き伸ばされることになり、50歳以上の転職はますます厳しさを増しています。しかし後10年前後は働かなくてはいけない人が多いことでしょう。再就職するには過去の実績は忘れ、希望条件を落とし仕事探しをすることが必要かもしれません。

 また、50歳以上でも転職可能な求人には、多くの求職者が殺到することが予想されます。一つでも多くの求人を探し、できる限り機会を増やしてください。そのためにはハローワークだけでなく、ネット上の転職サイトなどにも登録すると良いでしょう。

 どの転職サイトを利用するか迷っている方はまず、リクルートが運営している定番の転職サイト「リクナビNEXT」と「ビズリーチ」を利用すべきでしょう。本サイトでも50代の方からたくさん利用体験を寄せられています。是非一度ご参考してください。

ランキングの調査結果はこちら

50歳以上におすすめの求人サイト

リクナビNEXT [幅広い層に対応した定番転職サイト]
 社会人のための転職サイト「リクナビNEXT」は、リクルートが運営しています。大手の強みを生かした求人掲載数が豊富で、認知度、利用者数もトップクラスです。求職者が匿名で職歴や希望条件などウェブ上で公開し、企業にアピールできる「スカウトサービス」もあります。求人を探したり、履歴書を送ったり、すべて自分のペースで転職活動ができます。


簡単1分登録公式サイトへ みんなの評判詳細・口コミ
ビズリーチ [転職のプロが徹底サポート]
 プロを頼りたいならこちら。人材紹介会社という形態なので、専属のキャリアコンサルタントと連絡を取り、志望職種や条件などを伝えてください。ウェブ上では紹介できない非公開求人を紹介してもらえるかもしれません。


簡単1分登録公式サイトはこちら みんなの評判詳細・口コミ

シニア向けのおすすめ転職情報集


なぜ、面接後にはお礼状なのか

 

 とてもシンプルに考えてみましょう。面接後のお礼状に関してです。これの必要性を疑ったり、「なぜ出さなければならないのか」と否定的に捉える人もいますが、そもそもこの存在に意味がないものであれば、この世から既に面接後のお礼状に関しては消え去っているのではないでしょうか。そうなっていないということは、一定の効果や価値があると捉えることができます。

 

続きを読む≫ 2015/12/28 15:18:28 面接対策

会社の良いところと悪いところを把握

 

 入社後、早めに会社の良いところと悪いところを把握してしまいましょう。

 

 働いていれば自然と見えてくることもありますが、自らそれらを把握しに向かう、この意識が大事。ただ、悪いところがたくさん見えてきたとしても、その会社に見切りをつけなさいというわけではありません。

 

続きを読む≫ 2015/11/16 11:43:16 退職・入社

できれば避けたい“比較”

 

 何が良くて何が悪いのか、これを判断する時にはどうしても比較が欠かせません。転職してはみたものの、もしかしたら失敗だったかもしれないと感じた時、ここにも恐らく比較というものが存在しているのでしょう。もし転職に失敗したと感じても、できるだけ比較することを避けなければなりません。

 

続きを読む≫ 2015/10/08 11:25:08 退職・入社

一般的な目安といわれる期間

 

 50歳で転職を志す求職者が、年々増加傾向にあります。この背景には、少子高齢化が進む日本では、労働力を確保するために、女性の社会進出と、定年の引き上げが不可欠だという、行政の働きかけがあります。

 

 あなたが現状に満足していないのであれば、転職を考えるのは問題ありませんが、一つでも年齢が低い方が、有利な条件を引き出せることも、忘れてはいけません。

 

入社3カ月は観察者に徹する

 

 50歳の途中入社の場合、管理職待遇あるいは成果によっての昇格が前提なことが多いはずです。キャリアと実績を鑑みても、経営者感覚で転職先を見つめるひとが多いでしょう。

 

続きを読む≫ 2015/03/06 11:33:06 退職・入社

入社を決める前のチェックポイント

 

 50歳の転職は、その後の人生に少なくない影響を与えます。入社後にミスマッチに気づいて後悔するのでは遅いので、入社に値する会社がどうか、自分でチェックするという意識が必要です。

 

続きを読む≫ 2015/03/06 11:32:06 退職・入社

円満退職で人脈を残す

 

 50歳の転職は、それまでのキャリアや実績が活かせるものである場合がほとんどです。

 

 だからこそ、そこで培った人脈を残せるように、また、退職する会社も情報源として確保できるように、筋を通して円満退職できるよう、自己管理する必要があります。

 

 

続きを読む≫ 2015/03/06 11:26:06 退職・入社

事前準備が面接の明暗を分ける

 

 50歳が希望の転職を実現しようと思ったら、常に複数の企業の応募するのは当然なことです。そして、応募書類は企業に合わせて内容を変えるのも、転職に成功するための常識です。

 

 

続きを読む≫ 2015/03/06 11:25:06 面接対策

企業ニーズに合わせた志望動機を話す

 

 企業が人件費の高い50歳の中途採用を検討する背景には、現在の組織の人材では解決できない課題が隠れているものです。

 

 募集職種に対応するキャリアや専門スキルだけでなく、こうした企業ニーズにマッチできる素養があることを、志望動機に盛り込むのが基本です。

 

続きを読む≫ 2015/03/06 11:24:06 面接対策

転職希望の50歳の面接マナー

 

 在職中に転職活動を始める50歳の求職者に、気を付けてほしい面接マナーがあります。それは、自分を中心に物事を考えないことを、徹底することです。

 

 例えば、面接の日時の設定も、自分の勤務時間外にしてもらうのは、当然なことではありません。あなたが勤務時間外に面接を受けるということは、面接官に残業や休日出勤を強いていることと同義です。

 

続きを読む≫ 2015/03/06 11:23:06 面接対策